2012年07月15日

塗装工事、高級塗料ってなんだろう??

住宅とかに使われる塗料の種類を友人に聞いてみたら、高級塗料って単語が出てきた。
アクリル系とかウレタン系とか、シリコン系って分類は聞いたことあったけど

何だろう??

調べてみたら高級塗料は一般的に使われる塗料にさらに機能を追加した塗料のようで、
機能性塗料とも言われているらしい。
防カビや防藻性、低汚染性、遮熱性などがあるみたいです。

友人が高級塗料って言ってたのは、他の塗料に比べて金額の面が高額だからということらしいです。
そのかわり、使用するとその違いがわかるみたいです。

じゃぁ機能性塗料ってどんなものがあるの?
と、また調べてみると代表的なものが2つありました。

光触媒塗料
 塗料に光触媒を混合している塗料のことです。
 光触媒は半導体金属を使用し太陽光のエネルギーにより空気中の酵素から、活性酸素を作り出します。
 この活性酸素が塗装面に付着した汚れやカビを分解し汚れを落とします。

遮熱塗料
 住宅の屋根に塗装することで省エネにつながる塗料です。
 なぜ省エネにつながるのか、それは太陽光を反射して日射熱を室内に伝わらないようにしているので
 室内の温度が一般的に使われる塗料よりも上がりにくく、冷房の使用が抑制されます。
 ただし、遮熱効果なので冬場の室内温度を保つ機能はありません。
 ある実験結果によると、温度のピーク時の差が20℃も違うデータもあるようです。

確かに普通に使われている塗料より凄いですね。

塗り替えのタイミングは一度塗装工事を行ってしまうと、次の塗装工事が15~20年くらいだと思います。
始めに行う塗装工事でどんな塗料にするか悩みそうな気がしました。
posted by 住宅のことなら at 16:59| Comment(0) | 塗装工事 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。